記事内にPRを含む場合があります

八景島シーパラダイス行ったよ

屋外アクティビティに出かけにくい雨の季節には、水族館が最強のレジャーではないでしょうか。

そういうわけで今月は、八景島シーパラダイスに初めて行ってみたよ。

八景島は人工島で、島全体が水族館を含めた複合型レジャー施設になっています。

水族館・遊園地・モール・レストランがあるよ。

遊園地以外はとりあえず全部網羅したので、写真で全体的に紹介するよ(。•̀ω-)☆

シーサイドラインで八景島駅へ

まずはシーサイドラインという電車で「八景島」駅を目指します(電車で行く場合です)。

八景島駅から出てすぐの景色はこんな感じで、早速海が広がってます。

ここからは、八景島まで架かっている橋を渡っていきます。そんなに遠くないです。

なお、シーパラダイスのチケットは、水族館のみだと1人3,300円です。

事前にネットで決済しておけば、当日チケット売り場で並ぶ必要がありません。

遊園地付きだと5,600円みたいですが、はっきり言って遊園地はショボめなので、要らないかなぁ〜

子供向けだと思うので、家族連れには良いかも。

ドルフィンファンタジー

シーパラの水族館は、以下4つのセクションに分かれています。

  • ドルフィン ファンタジー
  • アクアミュージアム
  • ふれあいラグーン
  • うみファーム

(今回は主に「ドルフィンファンタジー」と「アクアミュージアム」について書くよ)

我々はまず、「ドルフィンファンタジー」へ向かいました。

名前の通り、ドルフィンのファンタジーが楽しめる(?)ドーム型水槽が目玉の建物です。

こんな感じで、天井をイルカが泳いでいる様子が見れます↓

かわいいですね〜(*´ω`*)イルカはつるんとしていて、スイスイ泳いでました。

しかし私としては、同じ建物の中にいたマンボウに釘付けでした↓

イルカより、よっぽどファンタジーな見た目じゃない?

そしてこの子、全っ然動かないんだよ。。

これ以上ないくらいぼーーーっとしていて、泳いで進むわけでもなく、同じ場所にとどまり続けていました。

シュールすぎます。そして、思った以上にペラペラの薄っぺらい体をしてました。

表面もなんか、アルミホイルみたいだし・・・奇妙な生き物ですねぇ〜

マンボウといえば、かなり繊細ですぐ死んじゃう、みたいな話が有名だけど、実はそうでもないらしい。

ただ胃腸が弱く、すぐお腹をこわすので、エサに胃腸の薬を混ぜてるんだって。

胃腸薬って・・太田◯酸とか?・・・

いずれにしても、自然界で生きてくの大変すぎない?(´・ω・`)

アクアミュージアム

さて次は「アクアミュージアム」です。ここが最大規模かつメインのセクションです(「ドルフィンファンタジー」は思った以上に小規模ですぐ見終わります)

ユニークな生き物たちの写真をたくさん撮ったので、紹介していくぅー(。•̀ω-)☆

ザ・水族館って感じの光景だね。熱帯の魚はカラフルで綺麗〜

サメ!ジョーズ!かなりいろんな種類のサメがいました。

ハンマーヘッドシャークもいて写真撮りたかったけど、上手く撮れなかった。

ネコザメは撮れました。よく見るとあんまり可愛くない気がする・・

でも確かに目とヒゲが猫みたいだね。アニメキャラみたいな顔だな〜

タラバガニ。食べ物にしか見えない・・・

ズワイよりタラバのほうが旨味たっぷりで美味しいよね(←北海道出身)

ウツボ。普通に怖い。だって「海のギャング」だもんね。

昔、海に潜ったときに野生のウツボに遭遇したことがあります。噛まれたらかなり痛いだろうね。

でも実際は、けっこう臆病なんだってさ。

これさ、魚のくせにアヒル口になってるの。かわいくない?

ちょっとあざとい感じもする。プリクラ撮るときの女子みたいな。

気づいたらこっち見て静止していたデカい魚。

置物みたい。ちょっとハンギョドンに似てるよね。

タツノオトシゴ。日本ではそう呼ばれているが、英語圏では「seahorse」。

馬より、龍のほうがいいよね?( -`ω-)

ペンギンもいっぱいました。これはもう、王道すぎる可愛さ。

スイスイ泳いだり、水に飛び込むかと思いきや躊躇し続けたり、観察しがいがあります。

でもペンギンは他の動物より群を抜いて臭いと思う。可愛いのに。

カメ(タイマイ)もいっぱいいました。ピクサーのキャラクター感あるね。

発光しているクラゲ。美しい。。

クラゲといえば、小学生の頃、海キャンプ中にクラゲに刺され、病院に搬送されたことを思い出すなぁ・・( ̄▽ ̄)

王道のニモ。しかしイソギンチャクからなかなか出てこないため、写真を撮るのはムズイ。

まさに「隠れ」クマノミだった。

今回私がもっとも気に入っているのは、頭とアゴにお花が咲いたオッサンような、この魚である。

名前は「フサギンポ」。見た目も名前も変だ。

しかし彼と目が合うと、その不思議な魅力にとりつかれ、何枚も写真を撮ってしまった。。

「ドクターフィッシュ」もいました。手の角質を食べてもらえます。

このように、かなり大量に集まってきます。

言わずもがな、くすぐったいので、私は一瞬しか手を入れられませんでした。

魚じゃない生き物たち

さてここからは、魚じゃない生き物たちを紹介するよぉ〜(。•̀ω-)☆

シーパラには、ちょっとした「動物」もいるのです。

カワウソ。ひなたぼっこ中。めんこい(*´ω`*)

プレーリードッグ。同じくひなたぼっこ中?たまらないかわいさ。

無表情でぼーっとしている。

ペリカン。近くで見るとかなり大きくて迫力があります。

森を歩いていて、もしこれに遭遇したら、けっこうビビるだろう。

フラミンゴ。体の赤い色は、餌となっているカニやエビに含まれる「アスタキサンチン」の色なんだって。

アスタキサンチンといえば、アンチエイジングに効果のある成分ですね。それを主食にしているとなると、彼らの肌年齢は相当若そうです。

リクガメ。とてもおとなしい。なでなでしても無抵抗。かわいい。乗れそう。

アザラシ。ちょうどご飯の時間だったようです。

まるまると太っていて、愛らしいですね。

ここでは天敵のシロクマもいないし、のんびりモチモチ暮らしているのでしょう(ちなみにシロクマも別の場所にいます)。

カピバラさん。ここは檻のないエリアで、触れるくらいすぐそばまで近づけます。

飼育員さんが名前を呼ぶと、ぽてぽて歩いて寄っていきました。自分の名前わかるんだなぁ。

フクロウ。じゃなくてミミズクだ。

めっちゃこっち見てます。目つきが鋭い。猛禽類ってかっこいいよね。

シーパラ内のレストランについて

さて、シーパラの愉快な生き物たちを紹介しましたが、いかがだったでしょうか。

さんざん見て周って疲れたら、レストランやカフェで休憩したいものです。

シーパラには、ファミレスをはじめ、イタリアンや中華、ハワイアンなど一通りの飲食店があります。

ただ、個人的にはどこも微妙なクオリティではないかと感じました。

たとえばこちらは、某ファミレスのディスプレイにあったメニューの1つです↓

えっと・・・これは何?何のキャラクター?

ピ○チュウ?・・でもなさそうだし・・そもそも目はクリームの部分か?トマトの部分か?(トマトじゃなくてチェリー??)

もしクリームの部分が目だとしたら、鼻の穴がデカすぎないか?

・・とまぁ、これはほんの一例となりますが、ほとんどの飲食店はこれと大差ない雰囲気でした。

「とりあえず食事ができたら満足」「思い出が出来ればOK」などと、割り切って食べるのがいいかもね(。•̀ω-)☆

なお、色音色はビュッフェのレストランを利用しました。おすすめはしません(笑)

でも、シーパラ(というか八景島)の中には、他に飲食店はありません。なので施設内で決めるしかない。

それかあらかじめ弁当などを持ち込んで、外の休憩スペースのような場所で食べる方法もあるかと思います。

ショッピングモールとは

シーパラをGoogleで検索すると、Wikipediaで以下のような説明が記載されています。

横浜・八景島シーパラダイスは、神奈川県横浜市金沢区八景島にある水族館・遊園地・ショッピングモール・ホテル・マリーナなどで構成した複合型海洋レジャー施設である。

Wikipedia

ほほう?ショッピングモールもあるのね?そりゃいいね!

水族館見たあとにちょっとお買い物でも・・・・

ぬいぐるみ水族館「YY SHOP」

シーパラの「ショッピングモール」には、マジで、誇張じゃなく、ぬいぐるみの店しかほぼない(笑)

店自体の数はまぁまぁある。が、大体どこもぬいぐるみしか売っていない。

モールを歩いていると、「あれ?デジャヴか?ここさっきも通った??」ってなるくらい、ぬいぐるみの店ばかりが現れます。

ご注意ください。

泊まったホテル

はい!そういうわけで、長々とお付き合いいただきありがとうございました。

八景島シーパラダイス、昭和な雰囲気を残しつつも、水族館としては大規模で楽しいです。

駅からすぐなのでアクセスも良好。

なお、八景島内には「シーパラダイスイン」というオフィシャルホテルもありますが、色音色は今回は、ちょっと離れた別のホテルに宿泊しました。

横浜テクノタワーホテル」です。シーサイドラインで、八景島駅から3駅の「産業振興センター」という駅にあります。

なんてことはないビジネスホテルですが、「シーパラダイスイン」より安価です(今回は1人8,500円くらいでした)。

そして朝ごはんがとてもおいしい!(*’▽’*)

相変わらず盛り付けセンスがなく申し訳ないですが。。

ソーセージやベーコンなど、こだわりの食材を使っているそうで、1つ1つが丁寧に作られていました。

個人的にはミネストローネ(写真右上)がおいしくてびっくりで、シェフを呼んでもらおうかと思いました( -`ω-)

種類もけっこうあるし、18階にあって見晴らしが良いし、清潔感もバッチリ。

朝食会場からの眺め↑ ちょっと曇ってるけど、海が見えたよ。

色音色はホテルの朝食を非常に重視しているのですが、ここはビジネスホテルとしては、なかなかレベル高かったです!シーパラ行くときにはおすすめ!

というか、他に選択肢があまりない(笑)

八景島の近くは、ここかオフィシャルホテルか、2択っぽいです。

それかもっと横浜駅のほうに近づくしかなさそう。

これからシーパラ行くぞ!って方の参考になれば幸いです(*´ω`*)

スポンサーリンク

コメント