記事内にPRを含む場合があります

読書をするとストレスが解消される理由

ネット上で見かけた情報ですけども、どうやら読書で68%もストレスって解消するらしいんですね。

で、これってなんでなのかな〜?と考えてみたんですけど、

たぶん、思考が止まるからでしょう。

字を読むのに集中しながら、何か別なことを考えることは、なかなかできないもんです。

思考が止まる≠ネガティブが止まる

人は常に何かを考えて生活していると思いますが、その思考の多くはネガティブなことなんじゃないでしょうか。

明日の仕事やだな〜とか、昨日の上司は機嫌悪かったな〜とか、将来孤独になったらどうしよう〜とか

まったく無意味に、そして自動的に、ネガティブなことを考えている。。。(私も気付けばいつもやってしまう)

つまり、思考が止まるっていうのは、ネガティブが止まるっていうことと、割と近いよね。

ゲームや散歩よりも読書が効果的

しかし、本を読んでいる間は、そのネガティブを忘れられる。ネガティブにフォーカスできない。

ネガティブにフォーカスできない→ その時間はストレスを感じない

というからくりだよね?

「ネガティブなことを忘れるだけなら、別に読書じゃなくゲームでも良いのでは」とも思いますが、イギリスの大学で研究した結果によれば、どうやら読書が最強らしいです。

ゲーム、散歩、音楽などいろいろあるストレス解消の方法の中でも、読書の効果が最も優れているんだって。

たった6分でOK

しかも、68%のストレスを解消するには、たった6分の読書でOKなんだそうな。

6分!6分って!・・読んだうちに入るのか?(笑)

物語なら、まだ冒頭も冒頭ですね・・主人公の名前を知って終わるくらいか?

まぁ実際には、本を読み始めると6分でやめることも少ないと思うので、もっと多くのストレスが解消されているんでしょう。

いいね(。•̀ω-)☆

本を読みたいけど続かない、という人も、これを知れば読書モチベーションが上がるかも。

Kindle Unlimitedでたくさん読もう

ちなみに私は読書するときは、Kindle派です。

紙の本も良いけど、紙の本ってどんどん増えちゃってスペースを圧迫するじゃん。。

Kindleならどれだけたくさんの本を買ってもスマホ1台に収まるし、出先でちょっと暇だな〜ってときも好きな本が読める。

特に病院の待合時間とか、電車で移動中とか、重宝するよね〜

重たい紙の本を持ち歩く必要なし。

そしてKindleには、Kindle Unlimitedという読み放題サービスがあるじゃないですか。

月980円で200万冊以上が読めて、ジャンルも小説・漫画・自己啓発・ビジネス・ITなどなど何でもあるので、まず飽きない。

お目当ての本が読み放題に入っていないこともあるけど、それでもかなり良書が揃っていると思います。本が好きな人には、かなりおいしいエンタメ。

いっぱい本を読んで、ストレスフリーに過ごそう(*´ω`*)

スポンサーリンク

コメント